占い師が困る質問/3パターンはこれ!

fc5c27dfc617f34f0838aff7a4da4aac_s

占い師がされて困る質問とは、どのようなものでしょうか?

私も過去の占い師経験の中で、「困ったなぁ・・・」と思う場面が何度かありました。

そんなエピソードをまじえて、こちらにいくつかお伝えしてみたいと思います。

占い師さんに相談をされる時、お互いの温度差を縮めて良い回答を引き出せるよう、ひとつのご参考になさっていただければ幸いです。


● 占い師が困る質問の例・その1「究極の質問」

占い師は、初めて来られる相談者さんから、究極の質問を投げかけられると困ります。(笑)

例えば、「私の寿命について教えてもらえますか?」(命に関することは観られません。手相を観てもらいましょう)とか、「仕事の採用の返事がもらえないと生きていけません。採用されるでしょうか?」(試験の合否についても観られません)などというものです。

こうした質問が究極なのは、もし「あなたは短命です」「答えはノーです」という答えが出た場合、相談者は大きなショックを受けてしまうでしょう。

そうした質問には、簡単には答えにくいのです。

かといって、「幸せに100歳まで生きますよ」「必ず採用されます」とは言い切れないのも事実。


大きな悩みを抱え、切羽詰まっている状況だとは思いますが、「どうすれば寿命を全うできますか?」「仕事運はどうですか?」「他に良い方法はありますか?」などの視野を広げて考えていけるような質問を投げかける方が、価値ある答えが引き出せるでしょう。


● 占い師が困る質問の例・その2「占い師を試す」

ごく稀に、有料で占い相談に来られながら、占い師を試す質問で追い詰めてくるような方がいらっしゃいます。

例えば、「前回は希望があるという答えでしたが、今回はどうですか?」と前回の鑑定を引き合いに出され、質問をしてこられる場合があります。

こうした場合は、「前回と違う答えを出してくれるな」と暗に示していることになります。

このような無言の取り引きは余分なプレッシャーになり、純粋な占いを妨げてしまいます。


また、前回と同じ答えを伝えた場合も、「でも、こうした無理な条件があります」と言ってこられ、「無理なら無理と言ってください」と答えをねじ曲げようとされることもあります。

これは心理学の交流分析でいう「はい、でも・・・」ゲームというやりとりにも通じるものがあり、相手の答えを否定することで関係をこじれさせることを目的としています。

そして、「自分はやっぱり見捨てられるのだ」という、本人が元々抱えている「基本的な構え」を確認するのです。
もちろん、本人は無意識です。


「ゲーム」には他にもいくつか種類があり、本人が幼少期に親や周囲の人から受けたコミュニケーションの仕方や態度(ストローク)がその発端になり、こうした態度が身に付いてしまうとされています。

短い鑑定時間で答えを求められる中では、相談者のゲームに対応しきれないことが多く、鑑定自体が混乱したまま終わってしまうことがあります。

そして、また次の占い師に相談しては同じことをくり返す、という堂々巡りのスパイラルに陥ってしまいます。

これは相談者本人にとって、大きなエネルギーやお金の浪費になりますので、占い師や他人にいつも同じようなパターンのゲームを仕掛けてしまう場合は、心理カウンセリングなどを受ける方が得策でしょう。


e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

● 占い師が困る質問の例・その3「質問内容がこじれている」

恋愛相談では、「相手はなぜ返事を返してくれないのでしょうか?」「なぜ未読スルー or 既読スルーするのでしょうか?」などという質問が多いものです。

相手と連絡を取れない原因や、気持ちを占っていくのは通常よくあることです。


ただ、こうした質問自体に本人の怒りや劣等感が追加されている場合は、とても答えにくい場合があります。

例えば、「私からの連絡が迷惑なら、なぜそう伝えてくれないのでしょうか?」という質問などは、「自分からの連絡は相手に迷惑なのではないか?」という怖れと、「相手はなぜ気持ちをはっきりと伝えてくれないのか?」という不安や疑問が、相談者さんの心の中で混乱して出た質問になっています。

このような質問は、まず占い師自身が質問内容を解読するのに時間がかかります。

また、その中でカードを展開し、答えを伝えるのは至難の業です。

上記のように質問を分ける、占い師が聞いて理解しやすい質問を考えるなど、相談者側も先入観を抜きにしてシンプルに尋ねる方が、明快な答えが得られやすいでしょう。


以上、今回は3つの例をご紹介してみました。


占い相談をする時は、悩みで混乱していることが多いもの。

自分が「どんな答えを受け取りたいのか?」を予め想定しながら、なるべくわかりやすく適切な質問をするとよいでしょう。

そして、できれば占い師さんに対し、素直な気持ちで相談するように心がけたいものです。


また、より良い占いを受けるための準備についてまとめた記事も、よかったらご参考になさってください。

→ 電話占いの相談の仕方と準備/5つのポイントまとめ


4