天使の種類と特徴について/4大天使&10大天使



占いやスピリチュアルな世界には、よく天使が登場します。

「天使のよう」などという表現もあるように、幻想的で美しく、親しみが持てるというのが私たちの天使の印象ではないでしょうか。

実際は、ひと口に天使といってもそれぞれに名前や意味、階級などがあり、宗教などによっても捉え方が異なります。

こちらに、代表的な天使の名前とその特徴についてご紹介していきましょう。


天使とは?


天使(エンジェル)は、ギリシャ語の「アンゲロス(伝令・使いの者)」という言葉に由来しています。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教において、「天使」という存在の概念が確立していきました。

天使はいわば、神と人間の間に位置する目に見えない存在です。

天使は階級によって9つに分類され、こちらのように呼ばれています。

・上位三隊(父)
・中位三隊(子)
・下位三隊(聖霊)


<上位三隊の天使>

・熾天使(してんし:セラフィム・セラフ)

4大天使(ミカエル・ラファエル・ガブリエル・ウリエル)が熾天使に当たります。


・智天使(ちてんし:ケルビム・ケルブ)

楽器を弾く二番目の階級の天使。
マリアと一緒に描かれています。

・座天使(ざてんし:スローンズ・スローネ・オファニム)

三番目の階級の天使。


<中位三隊の天使>

・主天使(しゅてんし:ドミニオンズ・キュリオテテス・ロードシップ)

四番目の階級の天使。

・力天使(りきてんし:デュナメイス・ヴァーチューズ)

五番目の階級の天使。

・能天使(のうてんし:パワーズ・デュナミス・エクスアイ・エクスシア)

六番目の階級の天使。


<下位三隊の天使>

・権天使(けんてんし:プリンシパリティ・アルヒャイ・アルケー)

七番目の階級の天使。

・大天使(だいてんし:アークエンジェルズ・アルヒアンゲロイ・アルヒアンゲロス)

八番目の階級の天使。

・天使(てんし:エンジェル・アンゲロイ・アンゲロス)

最下位の階級の天使。


天使にはこれだけたくさんの階級があり、それぞれの役割が分かれているのですね。

中でも知られているのが、4大天使と呼ばれる存在です。

次に、この4大天使についてご紹介してみましょう。






4大天使とその特徴とは?


4大天使とは、天使の中でも大天使と呼ばれる特権階級の存在です。

熾天使(してんし:セラフィム・セラフ)の位置にあり、最も神に近い存在とされています。

4大天使は神のそばで神の勅命により行動し、他の階級の天使をまとめたり指導するのが役目。

人間界に降りることはありません。


● 大天使ミカエル(ミーカイール、ミハイル)

ミカエルの名は「神に似たもの」「神と同じもの」を意味します。

剣や槍を持ち武装した姿に象徴されます。

神に最も近い存在として知られる、天使のリーダー・最高指揮官です。

ミカエルの役割は地球に生きる人々の怖れを解き放ち、生きる目的を示し、前へ向かって進む勇気を与えること。

死者の魂の善し悪しを計るという役目も持っています。

四大元素の「火」を司り、「赤」「南」「炎」「日曜日」などと関連付けられています。


● 大天使ラファエル(イズラーイール)

ラファエルの名は「神は癒す」という意味があります。

杖をもった旅人の姿に象徴されます。

文字通り「癒し」をもたらす天使とされ、怪我や病気を癒すとともに魂の浄化や解放にも関わっています。

医者や看護師、カウンセラー、ヒーラーなど、健康や癒しに関する仕事に従事する人々の守護天使として知られています。

四天使の中で最も慈愛に満ち、穏やかで明朗快活な性格として知られています。

四大元素の「風」を司り、「黄」「東」「空気」「火曜日」などと関連付けられています。


● 大天使ガブリエル(ジブリール、ガウリイル)

ガブリエルの名は「神の人」「神は力強い」という意味があります。

多くは女性の姿、または美しい青年の姿に象徴されます。

杖や百合の花もガブリエルを表すシンボルとされ、聖母マリアに「受胎告知」を行った天使としても知られています。

神の言葉を伝えるメッセンジャーで、作家や教師、ジャーナリストなどの「伝える人々」を助ける役割を持っています。

四大元素の「水」を司り、「青」「西」「月曜日」などと関連付けられています。


● 大天使ウリエル

ウリエルの名は「神の光」「神の炎」という意味があります。

本や巻き物を持つ姿に象徴されます。

「裁きと予言の解説者」という役割を持ち、学生や知的活動で支援を求めている人を助け、芸術家、作家にひらめきを与え、問題解決や困難な状況を打ち破る力を与えてくれます。

太陽の運行や気象・自然現象をも司る天使でもあり、「錬金術」もウリエルによってもたらされたと言われています。

四大元素の「地」を司り、「北」「土」「水曜日」などと関連付けられています。






10大天使とその特徴は?


天使にはこの他にもたくさんの種類の存在がありますが、10大天使として知られているのがこちらの天使たちです。


● 大天使アズラエル(アズラーイール)

アズラエルの名は「神が助ける者」という意味があります。

「死」を司る天使で、魂を肉体から離し天界へ導く役割があります。

また、愛する人を失った人々に癒しを与えてくれます。


● 大天使チャミュエル

チャミュエルの名は「神を目に映すもの」という意味があります。

恋愛、友人、仕事など人生を変える新しい出会いを探すことを手助けしてくれる役割があります。

また、恐れを克服し、今を生きる大切さを教えてくれます。


● 大天使ハニエル

ハニエルの名は「神の栄光」「神の優美さ」という意味があります。

愛の星である金星との関わりが深く、音楽家や芸術家にインスピレーションを与えてくれます。

愛情、平和、調和、自然とのつながりなどの優美さを司ります。

また、女性の健康を守る役割があります。


● 大天使ジェレミエル

ジェレミエルの名は「神の慈悲」という意味があります。

感情の癒しや許しの心を与える役割があります。

また、スピリチュアルな行動や奉仕活動をする人に、インスピレーションを与えてくれます。


● 大天使ジョフィエル

ジョフィエルの名は「神の美」という意味があります。

生活や環境に美と秩序をもたらし、アーティストの守護天使としても知られています。

また地球を浄化するという重要な役割も持っています。

芸術家の守護天使であり、創造性を引き出す手助けをしてくれます。


● 大天使メタトロン

メタトロンの名は「存在の天使」という意味があります。

子どもが才能を活かし、成長するのを助けてくれます。

クリスタルチルドレン、インディゴチルドレンに守護を与えてくれます。

もとは人間であった天使です。


● 大天使ラギュエル

ラギュエルの名は「神の友」という意味があります。

人間関係に癒しと調和をもたらし、誤解を癒してくれます。

また、仲間の天使が堕天に染まらないように見守る天使の監視役です。


● 大天使ラジエル

ラジエルの名は「神の秘密」という意味があります。

神の玉座の近くにいるので、森羅万象の秘密を司っています。

聖なる智恵や洞察力を授け、神秘的な知識や夢判断、過去生の記憶などの理解について助けてくれます。


● 大天使サンダルフォン

サンダルフォンの名は「兄弟」という意味があります。

「音楽」「祈りに対する答え」を司っています。

また、地球の守護者であり、人類の幸福を担っています。

大天使メタトロンとは双子の兄弟と考えられ、もとは人間であった天使です。


● 大天使ザドキエル

ザドキエルの名は「神の高潔」という意味があります。

記憶を司り、学ぶ者を助けます。

慈悲と博愛の天使として、助けが;必要な時は慰めをもたらしてくれます。


このように天使には多くの種類や役割があり、神と人間の間で様々なはたらきをおこなっています。

天使の専門家としては、ドリーン・バーチュー氏が有名ですね。

数々のエンジェルカードをリリースし、天使のメッセージを伝えています。


ちなみに、管理人もエンジェルカードを持っています。

エンジェルカードは眺めているだけでも絵柄が美しく、ストーリー性が感じられますね。

そして一枚一枚に込められた意味やメッセージには、私たちの現状をどう捉え、読み解いて乗り越えていけばよいかが、わかりやすく解説されています。


電話占いでも、天使占いやエンジェルカード・リーディングを得意とする先生に出会うことができます。

こちらに、そんな占い師の先生の一部ご紹介しましょう。


<エンジェルカード・リーディングを行っている占い師さん>

・いるか先生

・クローディア先生

・福茶(ふくちゃ)先生

Kanon(かのん)先生

・色春(いろは)先生


自分に縁の深い天使や、天使からのメッセージを受け取りたい時などは、上記の先生に相談されてみるのもひとつですね。

よかったら、ご参考になさってください。






スポンサーリンク