江原啓之さんが教える占い・運気についての考え方とは?


江原啓之さんが、占いについて解説している動画をご紹介します。

こちらの中で、相談者の悩みに答える形で「運気が良くない時の過ごし方・考え方」についても教えてくれています。







江原啓之さんが教える内容をまとめると、こちらのようなことを伝えてくださっています。


<占いとは?>

「占いはバイオリズムなので、理解すればよいだけ」

「良い運気・悪い運気はない」



こちらを、私なりに山登りに例えて解釈してみたいと思います。

山道を進んでいる時、上りのきつい勾配を乗り越える時と、下りのゆるやかな坂を歩く時がありますね。

ただ、どちらにも「良い・悪い」というのはありません。

占いでいうバイオリズムも、これに近いものといえるのではないでしょうか。



<運気が良くない時の過ごし方とは?>

「良い運気というのは、自分の良さが発揮できる時」

「悪い運気というのは、自分の未熟さが出る時」

「悪い運気の時は、自分の至らなさを教えてくれていると思えばよい」

「慎重に過ごせばよい」

「気にして引きずることがいちばん良くない」



こちらも山登りに例えると、下りのゆるやかな坂を降りている時は、周りの景色も良く見えて、何かに背中を押されるようにどんどんとスムーズに進んでいけますね。

自然に笑顔になり、周囲の人と楽しく連帯感を持って歩んでいける時といえるでしょう。

しかし、一方で油断や慢心も出やすくなります。


逆に上りのきつい時は、自分の限界と向き合う時。

文句を言いたくなったり、運気の良い人を羨んだりと思わぬ弱点が見えてくるかもしれませんし、息をつく暇もないかもしれません。

それでも、上り切った時にはそれまでの自分の弱さを克服することを謙虚に学び、鍛えられていることでしょう。


江原さん流に占いや運気について見直してみると、とてもわかりやすく、また気持ちを楽に持つことができるのではないでしょうか。


よかったら、占いや運気について考える際のひとつのご参考になさってください。





スポンサーリンク