思念伝達の意味と効果・自分で想いを伝える方法は?



思念伝達の意味とは?


思念伝達とは、読んで字のごとく「相手に思いを伝える」ことです。

実際に言葉で伝えられない思いを自分で、または霊能力者を通して効果的に相手に伝えることをいいます。

片思いの相手に「好き」という思いを伝えたい、または復縁したい相手にもう一度振り向いてもらいたい、そのような時に思念伝達を活用することが多いものです。


思念伝達の方法とは?


思念伝達を行う時は、相手の潜在意識に思いを伝える方法、また相手のハイアーセルフ(高次の自己)や守護霊に思いを伝えてもらう方法があります。


相手の潜在意識に思いを伝える方法は、私たちが無意識に行っていることもあります。

例えば、友人とある場所へ出かけたいと思っていた矢先、相手から連絡があり「一緒に○○へ行かない?」と行きたい場所へ誘われた、など「思いが通じている」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

また、ある人に「自分の気持ちをわかってほしい」と思っていたら、その相手から「あの時、きっとこう思っていたんじゃない?」などと言われたことがあるかもしれません。

身近な相手、特に関係がスムーズにいっている相手とは、このように以心伝心が起こりやすいもの。

それは、自分と相手の波長が合っているためといえるでしょう。

この波長については、縁結び波動修正の項でもご説明していますので、併せてご参考になさってください。


関係がスムーズにいっていない相手、距離のある相手、長く会っていない相手に対して思いを伝えたいという場合は、意識的に相手の潜在意識にはたらきかけたり、霊能力者の力を借りて思いを届けることが効果的です。

自分で思念伝達をする場合は、想念を純粋に保つことが大前提です。

そして、リラックスした状態で相手を思い浮かべ、伝えたい思いを明確にした上で、自分の思いを実際に伝えているところ、また相手がその思いを受け取っているシーンをイメージすると良いでしょう。

自我(エゴ)の欲望やマイナスの念(恨みや執着)などの思いは波長が低く、また波動が荒くなるために、かえって相手の意識と波長が合いにくくなります。

また、自分が送り出したエネルギーは巡り巡って再び自分に返ってきますので、そのことも十分に理解している必要があります。


最も効果的な思念伝達法とは?


最も簡単で良い方法は、ただ相手に感謝をすること、そして幸せを願うことです。

感謝の思いは最も波長が高く、相手の幸せを願う思いは素直に受け入れてもらいやすいもの。


もし逆の立場だと想像すると、わかりやすいでしょう。

誰かから「あなたのことを想っています」「私の思いに気づいてください」と思念伝達を送られる場合と、「あなたが存在していることに感謝します。ありがとうございます」「あなたがいつも幸せでありますように」と願われるのとでは、どちらの思いがスムーズに受け入れられるでしょうか?

人は誰にも自由意思があり、他人からのコントロールを避けようとするもの。

思念伝達をしたい時は、自分の願いでいっぱいになっていることが多いものですが、本当に相手に対する愛があるなら、その「愛」を送る方がより互いの波長を近づけることになるでしょう。


霊能力による思念伝達をしたい時は?


自分では思念伝達の自信がない、霊能力による思念伝達をお願いしたいという場合は、電話占いやメール鑑定を利用されると良いでしょう。

実際に鑑定を受けた方、思念伝達をしてもらった方からの口コミが多数掲載されていますので、本当に効果があるかどうかを見極めるための参考になります。

実際に「相手から連絡があった」「関係がスムーズにいくようになったお」など、効果があったという声が多い先生は、能力が高いと見て良いでしょう。

また、縁結びや波動修正も一種の思念伝達効果があるといえますので、これらの術をマスターしている占い師さんを選ぶのもひとつです。


当サイトでご紹介している電話占いピュアリにも、思念伝達を得意としている占い師さんが多数在籍しています。

特におすすめなのは、こちらの先生です。


・桜結愛(さくらゆあ)先生

・咲耶(さや)ローズマリー先生

・VIVI(ビビ)先生

・紫姫(むらさきひめ)先生

・いるか先生


よかったら、こちらも思念伝達について理解を深めるための、ひとつのご参考になさってください。