江原啓之さんが語る片付け・断捨離について





世の中には、片付けられないことに関する悩みも多く目や耳にしますね。

片付けに関する本がヒットする、テレビや雑誌などで片付けの特集が組まれるなど、片付けや断捨離は私たちにとって身近な関心事のひとつといえるのではないでしょうか。




スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんが片付け・断捨離について語っている動画や本を探してみたところ、次のように伝えていました。


1. 片付けられない人は、心の整理ができない

2. 狭い家でも断捨離をして、幸せに暮らすことができる

3. 人生に対する『計画性』を学ぶことが、たましいの課題



こちらの記事では、江原さんに寄せられた相談の中から、片付け・断捨離に関する動画や発言をご紹介しながら、これらについて解説していきたいと思います。


目次



動画・片付けられない人へのアドバイス


江原さんは、大掃除・片付けについて動画の中で次のように語っています。


■ 【江原啓之】大掃除ができない人は心の整理ができない人




こちらの動画では、江原さんが自らの大掃除を例に語っています。

中でも、次のように伝えていました。


「掃除も大事だけれど、無駄な時間も大事。


「現代人は忙しいので、家族みんなでということがなかなかない。」


「真っ当に話を聴こうとすると、(人の心というものは)意外と出ないもの。

他愛もない時に、心の本音が出る。


「一緒に掃除をし、『そろそろお茶にしましょう』『ごはんにしましょう』などと休憩を取る中で、また一緒に柱などを磨いている時に、『お母さん、本当はこんなことがあったんだよね』などと、ぽろっと今の気持ちや悩みが出たりする。」


「そういう意味で、みんなの心を理解するためにも(家族での大掃除は)とても大切。」



「片づけをしてもすぐに散らかってしまう人は、人生も絶対に散らかっている。


「家の中で片付け・整理ができないということは、心の整理もできない。


「何か人生で悩みを持った時、何から整理したらよいのか、何を順に考えたらよいのかということがわからない人ということ。」


「掃除はひとつの箱庭療法と一緒。今の自分が見える。



そして最後は、こう締めくくっています。


「片付けのできないあなた、それはあなたの人生が片付けられない(ということ)。」


片づけができずして、幸せを望むなかれ・・・。



江原さんは大掃除や片付けについて、家族が集まって一緒に行うことの大切さを説くと共に、部屋の中の状態がそこに住む人の心の状態と一致するということを指摘しています。

一見面倒に思われることの中に、じつは大切な心のあり方が映し出される、ということですね。



動画・引越しについて悩む方へのアドバイス


■ 【江原啓之】「家の片づけは、心の表れ」引越しについて旦那さんと意見が対立している方へのアドバイス!




次は、引越しについて旦那さんと意見が合わないという方からの相談です。

相談者の方は、独身時代から8年間同じマンションに住んでいるそうです。

契約更新とお子さんの小学校進学を機に、手狭になった家を出たいと思っているそうですが、ご主人と価値観の違いから意見が合わないとのことです。

また、近所に騒音を立てないよう気を遣うことにも疲れ、収納も少なく物で溢れて居心地が悪く、無気力になると言います。

このままなら離婚も考えている、という内容でした。



それに対し江原さんからは、「相談者の気持ちもよくわかる」としながらも、「いくつか突っ込ませてください」と次のようなアドバイスがありました。


「狭いから物が溢れているというのは、言い訳ではないか。」


「どんな所でもミニマムに暮らそうと思えば、断捨離をして、必要なもの・そうでないものを整理整頓(すればよい)。」


「家の片づけは、心の表れ。

家が散らかっているのは、心が散らかっている。


「だから別れたくなる位、イライラしてしまう。」


「子どもに(騒音の)注意をするのも、ひとつの教育。


「子どもは注意されて育つもの。必要以上に感情的にならないこと。」


「それで苦情が来たら、子どもと一緒に『申し訳ありません』と頭を下げるのも勉強。」


「立派な家に住んで、それぞれが部屋を持ったら、家族がバラバラになった、というのもよくある話。

日本古来の川の字で寝るという幸せもある。」


「引っ越しするかどうかの分岐点は、子どもだと思う。

『自分の部屋が欲しい』などと言い出す時が、ひとつのチャンス。」


「その時に、家族に見合った場所を探すと良いのではないか。」



狭く雑然とした家に夫婦と小さな子どもが住んでいると、当然ストレスが募ることもあるでしょう。

その一方で、昔の日本はそれが当たり前の光景であり、相談者はそのような経験を通して住居や家族、またご近所づきあいについて学ぶための貴重な機会を与えられている、と捉えることもできそうです。

また、子どもの成長を通して次の段階へと移行していけばよい、というのも自然な流れとして頷けますね。



だらしなくて机や部屋が片付けられない相談者へのアドバイス


次は、江原啓之さんの著書「トラウマ/あなたが生まれてきた理由」の中に紹介されている相談の中から、抜粋してご紹介してみたいと思います。

この本の中で相談者の方は、部屋がすぐ「ゴミ屋敷」のようになってしまい、それを直した方が良いかどうかを尋ねています。


江原さんはこちらでも、次のように語っています。


「部屋のなかを片付けられないとか、職場の机周りを片付けられない人を見ていると、私は、『ああ、心がそのまま表れているな』と感じてしまいます。

実は、片付けられない人は、物が捨てられないから片付けられないのではなく、心がとっちらかっているから、同じように部屋も汚い状態になるのです。

部屋の様子は、あなたのたましいの映し出しなのです。」


「片付けられない人というのは、何をどの順番できれいにしていくのが良いかもわからなかったりします。

段取りがきちんとできれば、きれいに片付けられるはずなのです。」


そして、片付けられない人のたましいの課題として、このようにまとめられています。


「”物事の手順”を考えるのが苦手だった一面を克服するためにあなたは生まれてきました。

もっと言えば、客観的な分析力を身につけるために、『片付けられない』という課題を選んで生まれてきたのです。」


「また、片付けるのが苦手な人は、心のなかを整理できないところがあります。

そういった意味では、人生に対して『計画性を持つこと』を学ぶために生まれてきたとも言えます。」


「また、『物を捨てられない』というたましいは、先天的にしても、後天的にしても、『何かを失う』とか『物がなくて苦労した』という経験をしていることが多く見られます。

そんな苦い経験を経て、今この時代を自ら選んで生まれてきたのは、偶然ではなく必然

そこに理由があります。

究極を言えば、人はスーツケースひとつあれば、十分生きられます。

物があっても心が満たされていないという人を私は大勢見てきました。

反対に、心が満たされていれば、物にのまれないで生きることはできます。

本当の幸せとは何かを見つめることが、あなたのたましいのカリキュラムなのです。」


このくだりを読んでいると、「片付けられない」ことが単なる心の癖ではなく、たましいの課題という大きな視点で見るとそこには様々な理由が隠されており、今の自分の人生をより良く生きるために向き合うテーマのひとつであるということがわかってきますね。

そう受け止めると、身の回りが散らかって途方に暮れている時に「よし、片付けよう」と一歩踏み出すきっかけになるのではないでしょうか。






片付け・断捨離について相談したい時は?


片付けは心やたましいの課題とはいえ、自分一人ですぐに片付けられるようになるには、それなりの時間と努力も必要になることでしょう。

特に、生まれ育った環境により片付けの仕方がよくわからない、という場合もあると思います。

そのため、片付けについて誰かに相談したい、サポートをお願いしたい、と思われる方もいらっしゃるでしょう。


片付けや断捨離について相談できる相手を探してみたところ、ココナラの登録カウンセラーやコンサルタントといった方が、それぞれ相談メニューを出品していることがわかりました。

片付けについて悩んでいる、アドバイスやサポートがほしいという方は、ココナラを活用されるのもひとつです。

ココナラは、個人が自由な立場でサービスを提供しているフリーマーケット・サイトなので、その人の要望にきめ細やかに応じてもらえるのではないでしょうか。


こちらに、片付けや断捨離について相談できるカウンセラーやコンサルタントをご紹介したいと思います。


・officeshine7 先生

必ずと取りかかれる片付けの手順をアドバイスます 片付けなきゃ!と思っているけどなかなか取りかかれないアナタへ

officeshine7 先生は、リバウンドしない整理術が学べるオーガナイザー研究会にてプロ資格を取得し、大手家事代行会社にて多くの片づけを経験したという専門家です。

目指す部屋を明確にして、どう片付けていくのかをアドバイスしてくれます。


☆ 口コミレビュー
「星5つでは足りません(T_T)!

officeshine7さまの片付け術ですと、片付け後リバウンドしにくいので、かなり維持できております!

クローゼットを見てから嬉しくなるなんて、想像出来ませんでした。

個別の質問にも詳しくお答え下さり、たくさんアドハイス頂き心から感謝です(*^^*)」


☆ 口コミレビュー
的確なアドバイスで親身になって聞いてもらえて大変たすかりました。」



・みなと_okataduke 先生

あなたにピッタリの片付けの方法を考えます どうしてもどうにかしたい、片付けがニガテなあなたへ

みなと_okataduke 先生は、片付け・断捨離のホームティーチャーサービス「お片付け便」を主宰する専門家。

自身の経験をきっかけに、多くの方の相談に乗るようになったそうです。


☆ 口コミレビュー
「この度分かりやすいアドバイス、ありがとうございました。

頂いたイラストを見ただけで、部屋がスッキリするのが分かります。

片付けはできても上手く整理できないので、お願いして本当に良かったです!

追加質問にも迅速親身に回答いただきありがとうございました。次回は娘の部屋をお願いします(^^)」


☆ 口コミレビュー
「片づけに関して、迷いがあったのですが具体的に対策を考えてくださり、またそれに付随した収納グッズなどもご紹介してくださいました。」



・okatazukedaisuki201 先生

お片付けのコツ教えます 整理収納アドバイザー1級、心理カウンセラー資格者がコツを伝授

okatazukedaisuki201 先生は、整理収納アドバイザー1級の資格を持ち、日々「もの」と「こころ」のお片付けを研究しているカウンセラーさん。

片付けのやり方が分からない、モノが捨てられない、いつも探し物に時間を費やしている、などの悩みを持つ方に、「心」を整えながら片付けをするコツを教えてくれます。


☆ 口コミレビュー
「1人ではなかなかここまで進めることは出来なかったと思います。

挫折しそうになったところにメッセージをくださることもあり、またがんばろうと思いました。」


☆ 口コミレビュー
「心理カウンセラーのアプローチで最初にストレスチェックやライフチェックが受けられて、自分のストレス度合いやモノの持ち方の傾向がわかったのが凄く良かったです。

片付けの手順がわかり易く、取り組み易く解説してくれて参考になりました。」



・stary love 先生

断捨離覚醒ヒーリング☆脳内を覚醒しクリアにします 掃除や整理整頓の苦手な方、仕事や家事の処理力を上げたい方に!

stary love 先生は、脳内を整理するエネルギー・ヒーリングを授けてくれるヒーラーの先生。

片付けや整理整頓以外にも、集中力が上がったり思考や判断のスピードUPなどの効果が期待できるそうです。


☆ 口コミレビュー
「机の上が散らかっていても気にしないタイプだったのですが、施術後は散らかっているのが気になるようになり、自然に片付けていました!

施術後は自然に片付けたくなるので、無理なく片付けられるところがとても良いです。」


☆ 口コミレビュー
「部屋の片付けだけでなく、天候不順の偏頭痛も楽になりました!



・風の杜∞kana 先生

人生が豊かになります 風の杜の捨てないお片付け?質問するだけで幸せになる

風の杜∞kana 先生は、捨てない新しい収納コンサルを提供しています。

「風通し」と「滞り(曇り)」を確保してあげると、必要ないものが自然に淘汰されていくというユニークな片付けスタイルで、人生を豊かに導いてくれます。


☆ 口コミレビュー
「ネタバレになるのであまり書けませんが、人生変わるなー!って、感動しました。本当に感謝です。」



江原さんが伝えるように、片付けと心の整理はつながっているようですね。

そのどちらもすっきりしない、と感じられる時は、上記でご紹介したカウンセラーやコンサルタント、ヒーラーの先生に相談してみるのもひとつではないでしょうか。

よかったら、ご参考になさってください。


→ ココナラで片付けや断捨離について相談したい方はこちら














決められない原因と心理/迷った時の決断方法とは





d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_s

物事が決められない時


電話占いの相談に来られる方の中には、自分でなかなか物事を決められない、という場合も見受けられます。

「自分ではどうしたらよいかわからない・・・」
「どうしても決められない・・・」

このように、迷いの堂々巡りから抜け出せず、思い悩んで相談に来られることが多いようです。


心理学的にいえば、迷った時に決断できない人には、こちらのような原因があると考えられるでしょう。

・リスクや責任を回避したい
・誰かに決めてもらいたい
・自分の決断に自信が持てない
・そもそも自分で決めたことがない


リスクを負わずにメリットだけを得たい、というのは、人間なら誰しもが望んでしまうことです。

しかし、多くの人は今ある状況の中でできるだけ低リスク・ハイリターンな結果を期待し、考え抜いた上で物事を決断するのではないでしょうか。

二者択一の場合は、どちらに転ぶかわからないけれど、前へ進むために思い切って決める、という勇気も必要ですね。

自分に自信がある人、リスクや責任を負う覚悟がある人は、迷った時にはそうした決断をしながら自分の道を切り開いていきます。


「自分で決めたことがない」という人は、こちらも心理学的にいうと機能不全家族で育ったアダルトチルドレンと呼ばれる人に多いようです。

親が支配的なタイプで、子どもを常に監視し、口出しや手出しが多かったため、自分で物事を考えたり決めたりする意思が育っていない可能性があります。

そして、本人も親の思い通りに振る舞うことが安全だと学び取ってきたために、自分で決めるという経験をしないまま成長してしまいいます。

そのため、いざ迷った時におろおろとしてしまい、誰かに決めてもらいたくなる、というパターンが多く見受けられます。


占いから見た決められない原因と心理とは?


占いの視点から見ると、決められない原因をその人が生まれ持った星回りから推測することができます。

その多くは、星回りのどこかに「水の星座(蟹座・蠍座・魚座)」が位置していることが多く、特に太陽星座に水の星座を持つ人は、優柔不断で決断力が不足しやすい傾向が見られます。

これに「風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)」が加わると、さらに掴みどころがない人に見えてしまいます。

また、「火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)」が加わると、「どうしたらいいですか!?」と迷いの渦が怒涛のように押し寄せ、周りの人や相談相手を圧倒してしまうこともあります。

地の星座「(牡牛座・乙女座・山羊座)」が加わると、静かに深く考えますが、忍耐強い分、長期間に渡り一人悩みを抱えることになりがちです。


「水の星座」は、基本的に優しく繊細で、相手を優先し、状況に任せていくタイプです。

感性や想像力が豊かで、優れた芸術家にも水の星座を持つ人が多いのが特徴でもあります。

一方で情に流されやすく、非現実的な夢を追いがちで、実際的で理性的な判断をすることが苦手になりがち。


迷った時の決断方法には心理学的なテクニックもいくつかありますが、「水の星座」の場合はそうした方法を試したとしても、翌日にはまたクヨクヨと同じ悩みをくり返す、ということも起こりがちです。

「水の星座」の傾向が強い人に、「勇気と自信を持って、潔く決めてください!」などとアドバイスをしたとしても、その時はそのアドバイスに素直に従いますが(水の星座は、人の言うことはよく聞きます)、一歩行動を起こしてから「やっぱりわからない・・・」と、元の堂々巡りに戻ってしまうこともしばしばです。


c6d0c99e5de050f1c04d9efb91e75b0e_s


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="5318901794"
data-ad-format="rectangle">



決められない人の答えの出し方


「水の星座」を持つ人の様子を見守っていると、結局あれこれと迷った挙句、「やっぱり相手の言うこと(行動)に従いました」「状況が変わりました」という結論に至ることが多いようです。

「水の星座」から悩みを打ち明けられた相談相手や占い師は、相談者自身が決められるように導きやアドバイス、占いなどでサポートしながらも、その道のりをただ見守るという役目に徹することも1つです。

ですので、結果的には「相手の言動や行動を待つ」「状況が動くのを待つ」というのが、「水の星座」の決断方法といえるのかもしれません。


もちろん、「水の星座」だけれど決断力もある、という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、物事を決断できるよう知らないところで訓練を重ねてきているか、意識的に自分を成長させてきたのかもしれません。

また、他の星との組み合わせや併せ持つ性質などにより、決断力が優位に表れている可能性もあります。


決断力があることは素晴らしいことであり、現実に生きていくためには必要な能力のひとつです。

一方、「水の星座」のように生まれ持った性質により、相手や状況に任せるのが得意なタイプもあり、それが悪いということではありません。

それ自体は形を持たず、器に応じてどのようにも変化できる「水」は純粋で、私たちをまるく収めてくれるもの。

「決められない」=「変化に応じる・変幻自在」という長所にも目を向け、その良さをさらに生かしていくことも大切ではないでしょうか。


また、「水の星座」の人は占いと相性が良く、占い師さんの話をよく受け入れて聞きながら、自分の世界を広げていくことができます。

迷った時、決断ができない時には、占い師さんに相談することで視界が開け、新たな可能性が見えてくるのではないでしょうか。

また、自分や相手についてじっくりと占ってもらい、神秘的な世界に触れたり、アドバイスを受けるのも大好き。

占いジプシーにならない程度に、占いを楽しみながら感性の世界を磨くのも「水の星座」の人にとっては有意義な時間になることでしょう。

→ 電話占い・メール鑑定の人気サイトをご紹介しています


4