電話占いピュアリで職場の人間関係・パワハラについて相談できる占い師さんは?





こちらの記事では、電話占いピュアリ職場の人間関係パワハラの相談を得意とする、よく当たるといわれる占い師さんの情報について調査してみましたので、ご紹介したいと思います。


電話占いには、よく職場の人間関係についてのご相談が寄せられますが、近年はパワハラの悩み相談が増えています。

中には、休職や転職を余儀なくされる、また自殺を考える、などの深刻なお悩みも寄せられます。




複雑な事情がある問題だけに、電話占いに相談する際には、親身になってくれて信頼できる占い師さんを選ぶことが大切です。

当たる・当たらないという占いの結果も大事ですが、こちらの立場を理解し、乗り越えるためにはどうすればよいか、その原因や対策についてもアドバイスがもらえると心強いでしょう。


職場の人間関係やパワハラについては、こちらの記事も併せてご参考になさってください。

→ 江原啓之さんが語る職場のパワハラについて



電話占いピュアリで職場の人間関係やパワハラ相談のよく当たる占い師・希林先生


電話占いピュアリには、「在籍占い師検索」→「相談の種類」の欄より「職場の人間関係」「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」という項目がそれぞれ選べるようになっています。

これらの相談を得意とする占い師さんを、こちらにご紹介したいと思います。


1人目の占い師さんは、希林(きりん)先生です。




希林先生は 代々受け継がれた占い能力を使い、相談者の抱える問題を読み解いてくれるベテランの占い師さん。

相談者の状態を調整しながら悩みの状態を霊視し、意図しないところまで読み取って伝えてくれる高い能力と親身な鑑定に、多くのリピーターが訪れています。

希林先生に占ってもらった方からは、このような口コミが寄せられていました。


■ 口コミ感想
「今日は心がモヤモヤして、仕事に対するストレス、色々なストレスがあって、助けを求めるつもりでお電話しました。

親身なって私の冗談を笑ってくれたり、なんだかモヤモヤがすーっと取れた気持ちでいっぱいで、エネルギーを貰って仕事に対する姿勢考え行動を教えてもらいました。

先生の『大丈夫だよ』とか、励ましの言葉が本当に相談してよかったですし、なんで悩んでたんだろーって気持ちで。本当にありがとうございました!」


■ 口コミ感想
「前回の鑑定では、ありったけの、たくさんの温かい励ましのお言葉をかけていただき有難うございます!!

真面目・堅物・話し下手な自分の性格に悩み、陰でコツコツしてきたことが報われず、美味しいとこどりばかりされ、虚しくなっていました。

希林先生にお話したら胸のつっかえがスパンととれたような、爽快な気分になれました。

『頑張ったじゃない、よくやってたじゃない』と何度も励ましてくださり、涙が一気に溢れ落ちました。

わかってくださる先生がいる、本当に有り難く感謝しています。」


希林先生と話すだけで心が軽くなり、また違うものの見方ができるようになる、そんな一筋の光明を与えられる方が多いようですね。



電話占いピュアリで職場の人間関係やパワハラのよく当たる占い師・重陽先生


また、2人目の占い師さんとしてご紹介するのは、重陽(ちょうよう)先生です。




重陽先生は、相談者自身が気付かなかった思いや考え方、性格や癖、本質を見抜き、悩みに対する糸口を見つけてくれます。

希望に満ちた明るい世界、その先々が見えて来るまで、とことん向き合う鑑定に高い人気が集まっています。

重陽先生の鑑定を受けた方からは、多くの喜びの声が届いています。


■ 口コミ感想
何も言わなくても私の状況が見えていてびっくりしました。

重陽先生とお話ししていると自然に涙が出て気持ちを吐き出すことが出来、癒されました。


■ 口コミ感想
「これからの自分の人生、生き方など悩んでましたが、方向性が定まりました!

これから、先生が下さったアドバイスを活かし頑張りたいと思います。

勇気と元気をありがとう。


職場の人間関係やパワハラの相談をする時は、辛い気持ちを受け止めてもらい、希望が持てるアドバイスをもらって背中を押してもらえると、また力が湧いてきますね。

電話占いピュアリは、そんな占い師さんが悩みを聞いてくれます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="5318901794"
data-ad-format="rectangle">



電話占いピュアリで他に職場の人間関係やパワハラの得意な占い師さんは?


他にも、こちらの占い師さんが、職場の人間関係やパワハラ相談を得意とする先生として信頼を集めています。


・よし先生




よし先生は、優しく話しやすいと評判の高い占い師さんで、人生の転機について的確な鑑定で導きながら、自信を引き出し勇気を与えてくれます。


■ 口コミ感想
「私の支離滅裂な相談内容にも、瞬時に理解してカードさんからの回答を引き出してくれます。

先生の鑑定内容は、その時?と思う内容が出てきても、後日あっ、先生はこのことを言っていたのだということが沢山あります。

先生とお話ししていると、泣くつもりは全くなかったのに気がつけば涙が出てきていることも多々あります。

ですが、最後には笑っています。

本当に頼りになる先生です!」



・如月 紫音(きさらぎ しおん)先生




如月 紫音先生は、電話が繋がった瞬間から安心感があり、とても的確なアドバイスをしてくれると評判の占い師さんです。


■ 口コミ感想
「先生とお話してたら、いろんな事が馬鹿らしく思えました。

厳しい事言われることを覚悟に相談させて頂きましたが、本当、優しくて、温かくて、笑いにかえてお話頂きまして真剣に悩んでることすら馬鹿馬鹿しくなれた事を感謝してます☆」



・登仙(とうせん)先生




メディア等で知られる登仙先生は、ハートフルな温かい占いを信条とし、日々相談者を笑顔に導いています。


■ 口コミ感想
「今の仕事は先生に導いていただいて、今の私がいると思うので、また先生に視ていただけたこと本当に嬉しいです。

短い鑑定でいつも的確なアドバイスと、しっくりくる言葉で、すごく信頼してます。

まだ今の仕事は辞めません。何度も辞めたくなりますが。出会いも近いと仰られたので、励みに頑張ります。」



・粋蓮(すいれん)先生




粋蓮先生は、占い師の祖母のDNAを受け継ぎながら、海外の某有名大学でカウンセリングを学んだという異色の占い師さん。

相談者の心に寄り添いながら、最も幸せな道を選択するサポートを与えてくれます。


■ 口コミ感想
「職場の対人関係を以前視て頂いて、その通りの展開になっています。

今現在の状況など完璧に当たっていて…どうしようかと思いました。

でも粋蓮先生がアドバイスくださり、前途多難ではないみたいなので希望が持てました。

とても短い鑑定でしたが、充実したもので私のお仕事に対するスタンスのあり方などが分かり良かったです。」



ピュアリでは初回10分無料という割引特典が受けられるので、占い師さんとの相性を確かめられるのも安心です。

職場の人間関係やパワハラで悩んだ時は、出口が見えにくいもの。

そんな時ほど一人で抱え込まずに、信頼できる相談相手を求めることが大切です。

そうすることで、今の状況や流れを客観的に見ることができ、踏ん張る時なのか、または何か行動を起こす方が良いのかを見極めることができるでしょう。


よかったら、電話占いピュアリで職場の人間関係やパワハラについて相談できる占い師さんを探す際の、ひとつのご参考になさってください。


→ 電話占いピュアリで職場の人間関係やパワハラを占ってもらいたい方はこちら







4


<スポンサーリンク>

あなたの名前・生年月日から必要な運気を導き出し

オリジナルパワーストーンブレスレットを製作します【テラピス】











江原啓之さんが語る職場のパワハラについて





電話占いに寄せられる相談の中でも、職場のパワハラに関する悩みが増えています。




スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんは、職場のパワハラについてどのような見方をし、相談者にアドバイスを送っているのでしょうか。

こちらの記事では、江原さんが職場のパワハラについれの相談に答えている動画や、本の内容をご紹介したいと思います。


目次



動画・職場のパワハラに悩む方へのアドバイス


江原さんは、職場のパワハラの相談について動画の中で次のように語っています。


■ 【江原啓之】人は何の為に働くのか!?目的とは!?職場の上司、人間関係について悩む方からの相談メール



※ 上の動画で 1’25″位から再生すると、江原さんのアドバイスのポイントを押さえることができます。


相談者の方は、会社で濡れ衣を着せられることが多く、悩んでいるそうです。

大勢の社員がいる前で上司に怒鳴られ、心身共に辛い毎日を送っていたところ、他の社員から「あの件は解決した」と言われたそうです。

そこで上司にそう伝えたところ、「もう解決したし、それで良かったじゃないか」という不誠実な返事が返り、ショックを受けたそうです。

社員からは自分がミスをしたと誤解を受ける一方、味方になって励ましてくれる人もおり、会社を休むことや辞めることを踏み止まっているそうです。

ただ、同じことが続くようなら辞めるしかないのでは、と悩んでいます。

そして、同じように誤解されやすい人間が取るべき行動や態度について、アドバイスを求めています。


そちらに対し江原さんからは、このような回答がありました。


「もし自分なら、その上司に『もう解決したそうじゃないですか。あれは私のせいじゃなかったですね』と大勢の前で言う。


「(現代のパワハラに関する事情を述べた上で)仕事に感情は要らない。

「なぜそこまで仕事に対して思い入れをしているのかがわからない。」


「(仕事というのは)食べていくことが目的。

「人は仕事をするために生まれてきたのではない。生きるために仕事をしている。

「仕事と人間が共依存のようになっている。」


「食べるために、自分がやるべきことをやったらそれで良い。」

「なぜ引きずる必要があるのか。どちらもどちらと思う。」


いつも「感情ではなく理性で考える」と説いている、江原さんならではのシンプルな回答ですね。

相談者が誤解されやすく、大勢の前で恥をかかされたことを引きずるのは、感情で物事を見ている、と捉えます。

その上で、「自分は食べていくためにこの会社で働いているのだ」という視点に切り替え、理不尽なことも乗り越えていく過程が大切なのだと教えられているようです。

「仕方がない」とか「泣き寝入りする」ということとは違い、「社会は理不尽なもの」と一旦受け入れた上で、その中で自分がどう毅然と生きていくかを考える、それが前向きな生き方につながる、という答えのように受け取れました。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="5318901794"
data-ad-format="rectangle">



江原さんが提唱するいじめ・パワハラに立ち向かうための3つの段階


江原さんの著書「一番幸せな生き方がわかる!スピリチュアル・ジャッジ」の中で、いじめ・パワハラに立ち向かうための方法を、3つの段階に分けて提唱している章がありました。

その内容をまとめてみると、次のようになります。


■ 第1段階:気を利かせる

・いじめがそれほどエスカレートしていない場合に有効

・相手を冷静に観察し、相手の心が喜ぶように行動する

・ビクビクと「気を遣う」と相手が増長するので、相手の心理をうまく掴んで気を利かせた行動をとる

・相手を変えたいなら、自分が変わる


■ 第2段階:周囲の人に相談する

・学校なら教師や校長に訴える / 職場なら上司、責任者に訴える

・いじめられていることは恥ずかしいことではなく、いじめる側の方が恥ずかしいのだと理解する


■ 第3段階:逃げるが勝ち

・何をやっても効果がない場合は、環境を変えるために転校や転職を考える

・そこまでのいじめをする相手は一種の病気だから、犠牲になる必要はない

・この場合、いじめた相手に被害者意識を持たずに気持ちを切り替えることが大切

・恨みというマイナスの波長を持ってしまうと、同じような波長の人を引き寄せるため、引きずらないことが大切






江原さんは、段階に応じて対策を講じること、自分自身の行動や態度、考え方を変えていくことの大切さを述べています。

世の中、どこへ行っても人間関係の悩みがつきまといます。

それを感情論で捉え、相手のせいにして恨みを引きずっているだけでは、マイナスのスパイラルから抜け出せない、と説いています。

そして、理性で考え、現実的な対処法を実践しながら、前向きに切り替えていくよう促しています。

悩んだり恨んだりしていても解決しない、それより理性的に賢く自分の人生を切り開くことが大切という、大きな視点からの導きのように受け取れますね。



職場のパワハラについて相談したい時は?


職場のパワハラやいじめは現代社会のテーマであり、また個人的な複雑な事情が絡んでいるケースも多いものです。

職場の人間関係に悩んだ時は、江原さんと同じようなスピリチュアルカウンセラーや占い師さんなら、霊的な視点から相談に応じてくれます。


現在は、電話占いを通じて、職場のパワハラやいじめについての相談が数多く寄せられています。

ベテランの占い師さんは、日々たくさんの方の悩みについて鑑定し、その人に合ったアドバイスを送っています。

職場の人間関係について観てもらいたい方は、電話占いを活用されるのもひとつです。


当サイトでご紹介している電話占いの人気サイトには、職場の人間関係についての相談を得意とする占い師さんも在籍していますので、よかったらご参考になさってください。


■ 電話占いピュアリで職場の人間関係・パワハラについて相談できる占い師さんは?






■ 電話占いヴェルニで職場の人間関係・パワハラ相談が得意な占い師さん

電話占いヴェルニ


■ ココナラ電話占いで職場の人間関係・パワハラ相談ができる占い師さん






■ 電話占いウィル






■ 電話占いウラナ









江原啓之さんが語るいじめについて

電話占いに寄せられる相談の中には、いじめに関する悩みも多く聞かれれます。




スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんがいじめについて語っている容動画を探してみたところ、江原さんはその中で、「人が躓(つまず)く問題」について3つのワードを挙げていました。

その3つのワードとは、こちらです

1. 自己憐憫(「自分が可哀想」と憐れむ気持ち)

2. 責任転嫁(「あの人のせいで自分がこうなった」と思う気持ち)

3. 依存心(誰かに頼ろうとする気持ち)


この3つの心があると、必ず人生に躓くと説いています。

そして、いじめの問題もこの3つが解決の鍵になるようです。


こちらの記事では、江原さんに寄せられた相談の中から、いじめに関する動画や発言をご紹介したいと思います。


目次



動画・いじめに悩む小学生の親へのアドバイス


江原さんは、いじめの相談について動画の中で次のように語っています。


■ 【江原啓之】『いじめ』特集!《おと語り》




こちらの動画では、江原さんがいじめについての3つの相談に答えています。

それぞれについて、以下にご紹介していきたいと思います。


<いじめについての相談・1>

※ 上の動画で 4’10″位から再生すると、江原さんのアドバイスのポイントを押さえることができます。


相談者の息子さん(小学1年生)は、近所の同級生2人が中心とする相手から意地悪をされたり、仲間外れにされたりしていたそうです。

学校側が注意をしても解決には至らず、息子さん自身も様々な対策を取っているとのことです。

その上で、「一体どうしたらよいのでしょうか?」と尋ねています。


そちらに対し江原さんからは、先に述べた3つのワードの説明の後、このような回答がありました。


感情は要らない。理性で対処する。理性的に策を講じる。」


「まず現行犯をみつけるべき。」

「(例えは悪いが)犬のしつけのように、その場で言わなければダメ。」

「相手も子どもだから楽しんでいるだけだったり、自分のストレスを発散していたり、『何がいけないのか』がわかっていない(場合がある)。」

『それがいけない』という印象を叩きつけることが大切。」


「感情に感情で返すと、良い方向には向かわない。」

「学校側に訴える時にも感情論で片付けられてしまわないよう、理性的に事実を伝える。


まだ小学校低学年のいじめ問題なので、親としては子どもに対する感情が優先されやすく、またどこまで、どんな風に介入すれば良いか、迷ってしまうこともあるでしょう。

それでも江原さんは「感情よりも理性」を優先し、適切な対策を講じるように説いています。

周りの大人が子どもたちを見守りながらも、他人の子どもも躾けていく、という視点に納得させられる回答でした。





動画・いじめに悩む中学生の親へのアドバイス


<いじめについての相談・2>

※ 上の動画で 8’15″位から再生すると、江原さんのアドバイスのポイントを押さえることができます。


次は、中学2年生の息子さんが同級生から暴力を振るわれた、という親からの相談です。

当初は息子さんも暴力があったことを認めていましたが、時が経つにつれ、「ふざけていただけ。暴力はなかった」と証言が変化していったそうです。

ただ目撃者によると、とても悪ふざけでは済まされないような内容だったとのことです。

今現在、息子さんは元気に学校生活を送っていますが、母親である相談者自身がそのことに納得がいっていないとのことでした。


そちらに対し江原さんからは、こちらのような回答がありました。


「そのままで良い。」

「それ以上のことを望むのは、『自分の面子(メンツ)が潰された』という自己憐憫ではないか。」


「子どもがそう言っているのだから、泳がすべき。

「子どもには、子どもの社会がある。」

「それを乗り越えていく力を持たないといけない。」

「まして男の子は、これから社会に出て行く人間力をつけなくてはいけない。」

「そこまで母親が過干渉になっていくのか(を考える)。」


「元の鞘に収まったのなら、放っておいた方が良い。

「(同時に)『納得できない』と言っているのを『そのままで良い』と言ったのは、(相手に対して)『あの家の母親は目が恐いぞ』という抑止力になるから。」


「大切なのは、真・副・控(しん・そえ・ひかえ)という優先順位。」

子どもが健やかな学校生活を送ることが『真』のはず。」

「自分の面子は2番目で良いし、真実を暴くのも副・控で良い。」

「ここはひとつ見守るべきではないか。




江原さんは、先の相談とは違い、中学生になった子どものいじめ問題に対しては、一歩距離を置いて見守ることを勧めています。

子どもの成長過程に応じて、親も関わり方を変えていく必要があるといえるでしょう。

それは、子どもの考えや自主性、また子ども同士の関係性を見守りながらある程度信頼して任せること、また放任するのではなく、慎重に関わっていく細やかさも求められるといえます。

思春期になると、彼らはある部分ではまだ子どもでもあり、またある部分では大人びた面も出てきます。

その子の成長に応じたサポートをするために、普段から子どもの様子をつぶさに観察し、変化を見逃さないことも大切になるでしょう。


自分自身が中学生だった頃を思い出すと、親に対しては「何か困ったことがあれば何でも話せる相手でいてほしい」と思う一方、「必要以上にこちらの問題に介入しないでほしい」という複雑な気持ちがあったように思います。

思春期の頃は、友達同士の関わりが自己形成に大きな影響を与えます。

そこで間違った対応を取られてしまうと、子どもの心にトラウマが残ってしまうなど、後々にまで影響を引きずってしまうことがあります。

親はなるべくオープンな関わり方を心がけながらも、ある程度は子どもの自由に任せる、という使い分けが必要なのかもしれません。

いずれにしても、子どもの思春期を乗り越えるには、親の方にも意識変革が必要になるといえそうです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="5318901794"
data-ad-format="rectangle">



職場の同僚からのいじめに悩む相談者へのアドバイス


<いじめについての相談・3>

※ 上の動画で 11’50″位から再生すると、江原さんのアドバイスのポイントを押さえることができます。


次は、職場の1人の同僚から毎日無視をされている、という女性からの相談です。

相手に挨拶をしても返事が返ってこない、あからさまに避けられる、上司に身に覚えのない悪口を言われるなどの態度を取られており、他の人には180度違って態度が良いので、「何で私だけ」と胃が痛くなり、涙が溢れてくるそうです。

また、相手が「嫌な人がいれば、存在をないものにしている。そうすれば話さなくても済む」と自分に聞こえるように大きな声で話しているのを聞き、仕事を辞めようかどうか迷っているとのこと。


こちらに対しても、江原さんはまず「自己憐憫」を指摘しています。


「『気が弱い』という言い方も、『依存心』が強い。そして『責任転嫁』(をしている)。」

「気が弱いというなら、強くなるしかない。

「感情的になるのがよろしくない。」


「大人社会は、所詮いじめ社会。」

「みんな別個の魂なので、本来は育み合っていくことが大切。


「妊活中という幸せな立場もある。辞めようかと思っているのなら、自分自身で決めれば良い。

「ここで乗り越えないと、子どもを持った時に子どものことで悩む(かもしれない)。

「常に分析して、理性で乗り越える。」

幸せな人は意地悪をしない。何が問題なのかということを考えて、(私たちは)生きるべきではないか。」


職場のいじめは避けられないもの。

ただ、いじめに遭ったからといって感情論で考えたり、自分の性格や相手のせいにしても何も変わらない、と言われているようです。

この場合も、理性で考えてどう乗り越えるかを考え、自分で答えを出すように励ましています。

相談者はこれから子どもを持とうとしていることもあり、自分の子が将来同じ立場に立たされた時にどう導いてあげられるか、という大きな視点から説いているように聞こえました。





いじめについて相談したい時は?


いじめの問題は大人も子どもも抱えやすい社会全体のテーマであり、また個人的な複雑な事情が絡んでいるケースも多いものです。

いじめや人間関係に悩んだ時は、江原さんと同じようなスピリチュアルカウンセラーや占い師さんなら、霊的な視点から相談に応じてくれます。


現在は、電話占いを通じて、いじめや人間関係についての相談が数多く寄せられています。

ベテランの占い師さんは、日々たくさんの方の悩みについて鑑定し、その人に合ったアドバイスを送っています。

いじめや人間関係の問題について観てもらいたい親御さんや当事者の方は、電話占いを活用されるのもひとつです。


当サイトでご紹介している電話占いの人気サイトには、いじめや人間関係の相談を得意とする占い師さんも在籍していますので、よかったらご参考になさってください。


■ 電話占い ピュアリ





■ 電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニ

■ ココナラ電話占い





■ 電話占いウィル





■ 電話占いウラナ